性の喜びは生きる力の源です

性の喜びは生きる力の源

性の文化は大昔からあることですが、現代社会ではタブーと位置づけられています。

 

もちろん性のモラルは生活するうえでとても重要なことなのですが、性の喜びを知らないまま人生を全うしたならそれはとても悲しいことだと思います。

 

女性は男性と違い感じる能力は衰退しません、もちろん年齢とともに性器が濡れないという場合はありますが、男性の用に全く勃起しないとなると、性行為を行うことができなくなります。

 

女性の場合は年齢に関係なく性的な刺激で快楽を得ることは一生できるのです。

 

性は命の根源、生きる糧といってもいいでしょう。
すべての女性はエクスタシーを感じることで、脳中枢から生きる意欲、喜びが湧いてくるのです。

 

愛を求め続けることが性欲の源なのです。

女性と男性ではセックス観

女性と男性ではセックス観が全く違うのも事実です。

 

男性は体と体の触れ合いがセックスだと考えている人が多いですが、女性の場合はココロとココロの触れ合いの延長線上にあるものがセックスなのです。

 

なので、女性の場合はセックスに喜びを得るためには、ココロと体をリラックスしてさせることが重要です。

 

男性の使命は女性になごみや安らぎを与えて、ココロゆくまで感じさせてあげることが大事です。

 

草することにより、女性もその男性のことを信頼し、お互いの関係が自然と良好になっていきます。

 

一旦信頼関係を気付くことができると、女性がエクスタシーを感じる準備ができたといってもいいでしょう。