女性の健康とセックスの関連

性に関することは女性の健康にも大きな影響を与える場合があるのです。メディアでは女性を安易にセックスに誘うことが悪いことでないように報道されていますが、セックスと言う行為が女性の体にどんな変化をもたらすかを考えてみてください。

 

異性間でのセックスはそれを望んで入ようといまいと、女性の体に妊娠と言う変化が訪れる可能性のある行為です。また、女性だけには限りませんが、エイズをはじめとする性感染症のリスクもあります。

 

時々セックスが女性の体に好ましい変化を与えるかのような間違った内容のものを聞くことがありますが、このような謝った情報によってセックスをすることが女性の体によいと誤解されてしまう下人となるのです。

 

セックスには妊娠や性感染症の危険につながる行為なのだということを忘れてはいけません。だからセックスしたいと思うならば、それによっておこる体の変化への障害を取り除く手段、避妊と性感染症の予防、妊娠しても大丈夫な環境をそろえることが大切です。

 

自分がセックスしたい気持ちになっていないときや、妊娠が心配なら、はっきり「ノー」と言うべきなのです。不特定多数と性関係の経験がある相手は、性感染症を持っている可能性が高いことを忘れないでください。

 

女性が主体的に否認することに対して『ムードが壊れる』と言われることがあります。このような偏見は女性の体を支配的でありたいという男性たちによってつくられたものなのです。それで女性たちはいつも自分の体を自分で知ることを妨げられ続けてきたのです。

 

男性の売春には寛容な考えがありますが、女性が自ら性と健康を考えて、体の自己管理をすることを良しとしない根底には、妊娠を管理することで、女性の性をしばりつけた考えが存在するのです。

 

しかし、性は男性に捧げるもの、従うもの、という意識ではのぞまない妊娠や性感染症の被害から自分の兼子を守ることはできません。んそれには、したくないセックスは拒否することも含めて、女性が性に他しいて主体的になることが必要なのです。

 

豊加奈性関係はお互いの気持ちと人格を尊重してこそ初めて生まれるものなのです。