性生活の不満が日常に影響する

性生活の不満が日常に影響する

仕事や家事と毎日時間に追われて生活している女性がほとんどです。

 

その中でも絶好調の日もあれば、何をやってもうまくいかない調子の悪い日もあります。

 

そんな時に、ご自身のセックスライフがうまくいっている時には、あまり悪いことが続いても落ちこむなど、さらに悪い方向に行かないと感じたことはありありませんか?

 

これは事実、セックスでオーガズムを感じると、ドーパミンが大量に放出され、精神状態をポジティブにする作用があります。

 

そのために、失敗などにくよくよしにくくなるのです。

 

反対に、セックスライフがうまくいっていないと、少しの失敗で必要以上に落ち込み、ネガティブになりやすくなります。

 

しかし、セックスライフをココロから楽しむためには、信頼できる相手と性行為を行えるかどうかという部分が大きいです。

 

見ず知らずの人と行きずりの性行為をしても中々エクスタシーを感じることはできません。

 

特に女性は顕著で、女性の場合はセックスにココロとココロのつながりをも飲める傾向があります。

 

エクスタシーを感じることで、生きる喜びや感動を感じたりもします。

 

良いセックスライフが心身共に健康にしてくれる

 

それほどの幸福感を感じると、日々の暮らしにも様々ないい影響が出るものなのです。

 

女性の中には、普段からのイライラの原因はセックスライフがうまくいっていないことだと自覚していても、その症状が悪化して旦那や子供に八つ当たりするようになって悩んでいるという女性もいます。

 

その女性も最初のうちは、死ぬわけでもないので、セックスを自分我慢すればいいんだと、考えられていたようですが、その性欲がどんどん大きくなってきてしまい、一人では解決できないと考えて旦那に相談したというケースもあります。

 

このようにセックスレスが長く続き、性的な欲求が押さえつけられていると、ココロに様々な悪い影響が出ます。

 

ココロへのその影響が男性に比べて女性の方が深刻化しやすい傾向にあります。