アルコールを飲むとセックスしたくなる

アルコールと感情の関係性

アルコールを飲むとタガが外れて、内気な女性も大胆になり、アバンチュールを楽しみたくなる。

 

この気分はすでに大勢の人が体験済みです。

 

よく朝起きて横を見たら見知らぬ男性が寝ていたなどということも。

 

アルコールはどうやら理想的な媚薬のようにも思えます。

 

意中の相手に適度にお酒を飲ませれば、落としやすくなる?

 

しかし、実際にはそれほど単純ではないのです。アルコールの効き目は飲んだ量や種類、そして織女をたくさん食べたか、ゆっくり飲んだのか、それとも空腹にアルコールを飲んでしまったか、といったことに関係があるようです。

 

アルコールの場合は、血中濃度が少し高くなっただけでも影響がはっきり目につくようにわかります。スタンプ細胞で日本でも一躍有名になった、科学雑誌ネイチャーによりますと、女性の場合にはアルコールを飲むと、男性ホルモンであるテストステロンの生成量が高まるそうです。

 

アルコールを大量に飲むと、発音が不明瞭になり、性欲は高まって抑えることができなくなりますが、オルガスムスに達するには、かなり強烈な刺激が必要になります。

 

けれども、全く別の反応をする人もいます。きゅうにねむたくなって、セックスの最中に寝込んでしまう人もいるのです。

 

また、アルコールの血中濃度がかなり高くなると、気分は盛り上がっていても、体の方が言うことをきかないこともあります。

 

こうなると勃起能力は次第に衰えていき、オルガスムスに達しないことがほとんどです。ですから酩酊状態で子供を作るなんてことは、ほとんどあり得ないのです。

 

どのくらいがアルコールの限界量かは、もちろん正確には決めることはできません。

 

しかし、一般的には、アルコールの効果を活用品からも性的能力を失いたくないのであれば、セックスの前に「体重1キログラムに対して0.5グラム以上のアルコールを飲まないことです。

 

たとえると体重が75キロの人はワインボトル半分ぐらいが目安です