女性のさまざまな性の悩み

男性に比べて女性の場合の性の悩みは一度表面化するとなかなか解決できない場合が多いものです。

 

訴えられる悩みの種類は人それぞれです。

 

性的な満足を得られていないことで寂しさや不安

 

性的絶頂を味わったことがないことからの自信喪失

 

性的欲求が満たされていないことへのいら立ちや体の変調

女性のさまざまな性の悩み

 

男性からの性行為の要求にこたえることができないことから、自分自身に性的に欠点があるのではないかと悩む方もおられます。

 

特に、40歳代の女性を始め、年齢を重ねた方の悩みは深刻なものがあります。

 

これには、問題があることには時価症状があるのですが、相談したり話したりと、アウトプットする場所がないことが大きな原因だと思います。

 

女性としての賞味期限が切れてしまう前に、もう一度女としての時間を過ごしたい。

 

年齢とともに高まる性欲を誰にも相談できない

年齢とともに高まる性欲を誰にも相談できない

更年期によるホルモンバランスの崩れから、濡れにくくなり性交痛があり性交に望めない

 

これらのことを解決するためには、様々な手段が考えられます。

 

本当の女性はオーガズムを体験している人はとても少ないのです。

 

悩みがある人も、一度オーガズムを体験することができれば、何もかもが解決するのです。

 

それには、性行為のパートナーの協力は必須なのです。

 

パートナーに相談するのがむつかしい場合は、まずは自分自身ででも気持ちよくなることを念頭に考えることが一番の近道です。

 

感じる力の呼び戻すための実践的なノウハウには、東洋医学や精神カウンセリングなどがあります。

 

しかし最後にたどりつくのは、セックスは体と体でするものですが、それ以上にココロとココロのふれあいのハーモニーだということを忘れないでください。

 

また、多くの男性が、女性が感じるということに関してあまりにも鞭であることが多いです。

 

雑誌やAVなどを見て、そのまますれば女性は喜んでくれると、悪びれなく思っている人が圧倒的多数ですが、これは、社会自体のコミュニケーション不足が要因だと思っています。

 

何事も、キチンを意見を言い合うことが健全に関係を向上する手段だと思います。

 

男性用の勃起薬(バイアグラ)などはよく知られていますが最近では女性用のバイアグラが販売されて注目を集めています。
薬が解決してくれることもあるので性的喜びを感じにくいなど思うなら試してみてもいいかもしれません。

 

ストレスが邪魔をする

 

女性はセックスするのをぐずぐず言いだしたり、ただ抱きしめてほしいと頼んだりすることがあります。

 

それは、たとえセックスをしようとしてもうまくいかないのがわかっているからなのです。

 

女性は緊張すると性的に興奮しにくくなります。だから、緊張しすぎて何も喜びが感じられないようなときは、あえてパートナーとベッドに横になならないことを選択するのです。

 

ところが、女性が不安や悩みを抱えているときには、セックスする以前に、まず緊張を解きほぐしたり、セックス以外のことをしたりしなければならないことが、男性にはわかりません。

 

女性の悩みは痩せたいや日常のストレスなどが原因なことが多いです。痩せる薬で芸能人などすばらしいスタイルをキープしていますが芸能人はみんなに見られるお仕事、一般に女性は自分が好きな男性が心から褒められているだけで素敵に変身できるものです。これこそ安心感だったりするのです。

 

女性が女としての自分を取り戻すためには、入浴するとか、本を読むとか、できればパートナーと親密な時間を過ごすとか、とにかく何かしなければならないのです。

 

つまり、女を実感できるようなことを男性がしてやるか、女性が自分でするかのいずれかが必要なのです。

 

こんな風に、男性と女性とではセックス観が全く違います。だからことパートナーとセックスを存分に楽しむためには、男性は普段から女性に対して優しく接していることが必要なのです。

 

女性機能障害の原因について

 

女性機能障害の原因

女性機能障害は、原因が複雑な症状です。女性の性行動には、女としての自分を自分自身のイメージはもちろんのこと、親密な関係、家族、社会、文化が含まれています。

 

性行為やパートナーとのあらまし、過去の虐待経験、現代の内科的疾患やホルモン状態など、これらのすべてが作用しているのです。
女性のような複雑な性欲は、現にこれまでも、健康擁護者のスローガンでもありました。女性の性的問題対策グループの医療問題は簡略化しすぎていると思われます。

 

医学博士の話では、体がどのように機能し、体の寄りのいき腦を助けるための薬をどのようにすれば開発できるのかを知りたがっている。薬による弊害も知っておく必要があるし、それでも必須となるのは心と体の融合です。それを常に肝に銘じておかなくてはならないと考えています。

 

心身両面のアプローチが女性の機能障害の治療に受け入れられるようになるにつれて、臨床医委は、被験者の主観的尺度も使って臨床試験での女性の興奮度を測るようになりました。

 

この興奮度を測定する新しい試みは、いくつかの興味深い結果を生んでいるのです。女性の主観的反応を評価するために、広く使用されている性的満足等級と女性性機能し数が考案されていますが、これでもまだ不備があると考えられています。

 

と言うのも、女性本人が気付かず、興奮と必ずしも結びつかない生理的藩王を依然として重視しているからです。

 

このような調査は、性器の濡れ、温かさ、血圧、脈拍、膨張、潤滑、オーガズム、満足、痛みについて、その度合いを訪ねはするが、喜び、親密度、環境に名関連する変動要素については尋ねてはいません。

 

このように心理的要因を問題の中心に添えようとする改善の試みにもかかわらず、FDS構築のための性器枠組みは概して器質性であって、女性の性的関心の欠如を説明する脳の役割か、ホルモンの役割のどちらかを重要視しているのです。


更新履歴